覚えていなければ新鮮な気持ちで見られるかも?

久しぶりに出かけた映画館で見かけた、今後の上映予定の映画のポスターに気になるものがありました。
気になったのはポスターの中に立つ役者さんではなくタイトルの方、なんとなく覚えがあります。
よく見てみると、好きな作家さんの小説の映画化ということでした。
しかし、その小説を読んだ記憶はあるものの、内容が思い出せません。
その作家さんの作品はデビュー作から文庫版を買って読んでいますが、
様々なタイプの作品があり、なかにはあまり好きではないものもあります。
一度読んで、すぐに手放してしまうこともありました。
もしかしたら、そのなかの1冊が映画化するということなのかもしれません。
そう思って自宅に戻り、本棚を確認すると、しっかりその作品の文庫版が収まっているではありませんか。
単純に、私の記憶力が低下していただけのようです。
改めて読み直してみたところ、本棚に残っているのは当然、私の好みそのものの物語でした。
出演する役者さんも好きな人ばかりなので、公開された見に行くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です